インドの伝統 
「 ヨガの本質をきちんと学べる場所 」

 

ガンジスヨガスクール名の由来

” Where is Rishikesh? ”
ヨガ発祥のインド
リシケシに流れる「ガンジス河」がスクールの原点。


2015年 ガンジス河にて。
代表の高橋 慎弥

リシケシに流れるガンジス河に沿って多くのヒンドゥー寺院が点在しており、街中ではインド全域からやってきた巡礼者や、サドゥーの姿が目立ちます。アシュラムの数も多く、古くからヨガ修行者が集まる聖地となっています。神々の山・ヒマラヤの麓に位置し、上流にあたるこの地を流れるガンジスは下流とは違い青く美しいのが特徴です。人々はこの美しいガンジスの水を求めて集まり沐浴を行うのです。

ガンジスヨガスクールの役割

色あせることなく愛され続ける伝統的なヨガに重きを置きながらも、さまざまなニーズや変化に対応した現代のヨガを柔軟に取り入れ、個々のライフスタイルに適したプラクティスを重視しています。
健康的な身体をつくり、個性を豊かに自分自身の可能性を広げ、より充実した実りのある生活を築いていく事を目的とし、健全で安全なヨガの普及活動を行っています。

ガンジスヨガスクールの特徴

● ヨガ未経験者から性別や年齢を問わずに、ご自身のペースで無理なくヨガライフを継続できます。
● 全米ヨガアライアンス協会から正式に認定された、日本でも数少ないヨガスクールです。
● 国内外で多くの実績を重ねてきたヨガ講師が、洗練されたプログラムをプロフェッショナルに提供しています。
● 全米ヨガアライアンス指導者養成講座200時間ではこれまでに多数の卒業生を育成、地域のヨガコミュニティが拡大しています。
● レギュラークラスの他には定期的にゲスト講師を迎えてワークショップなどを開催し、各地で活躍するゲスト講師との交流を深めながらヨガを行い、日頃のプラクティスに役立てています。


南インドのアシュラムからスワミジが来日。ガンジスヨガスクールにお招きして、伝統的なインドのヨガを受講生に伝えていただきました。