* RYT200 第1期生 卒業おめでとうございます *

GANGES YOGA SCHOOL監修
全米ヨガアライアンス認定TTC200

 

第1期生
ご卒業おめでとうございます!

4月からスタートしたTTCは何も問題なく、受講生のみなさん全行程を修了いたしました。

今回は妊娠中の方も参加されていて、先日ご出産されたそうで嬉しく思います。

 

 

卒業パーティーではレギュラー講師の先生も、お祝いにお越しいただいて、秋のBBQを楽しみました。

春に撒いたヨガの種が根を張り、この半年間でぐんぐん成長をして、それぞれ大きな実りを収穫できたのではないでしょうか。

 

 

これからも見守っています。

本当におつかれさまでした。

Hari om tat sat.
Namaste.

 

 

TTCを受講した卒業生の感想。

【 Aさん 】
長い歴史の中、脈々と受け継がれてきたヨガに感動しています。
ヨガが体に及ぼす良い影響を多く体験しました。
1番強く感じたことは呼吸法です。
正しい呼吸法をおこなうことで、頭痛や倦怠感が改善した体験を何度も通感できました。
さらにアーサナを続けることで身体的な変化もあらわれます。
食も意識的にできるだけ新鮮な野菜や果物を摂るようになりました。
ヨガによってもたらされる有益性は計り知れないと感じています。

 

【 Bさん 】
「あなたは誰?」から始まったバガバッドギーダーの講義。チャクラや骨格といった解剖学、食事のことまで馴染みのない内容もたくさんありました。
今になれば、これからの日々の生活の中で質を高められる事ばかりだったと思います。
ヨガスートラ八支則の内容にもあったように、スッキリした気持ちで人との適切な交流を心掛けるようになりました。
仲間との出逢いは、いろいろな刺激がありました。
いつかヨガ談義に花を咲かせたいです。
最後に周りで支えて下さったみなさんに感謝です。

 

【 Cさん 】
自分を見直すよい機会になりました。
そして努力することの大切さ、物事を続けることの大切さを実感しました。
例えばヘッドスタンドです。運動神経も悪いしセンスもない。「できるはずがない」とあきらめていました。
でも少しずつ練習をしていたら足があがるようになったのです。
こんな私でもやれば出来るんだという自信に繋がりました。
ヨガについてまだまだ知らない事ばかりですが、カルマヨガについてもう少し勉強をしたいと思っています。
掃除・洗濯・炊事・子供や年寄りの世話などの日常を、カルマヨガと考えて行いをし「気づき」を得ることから始めたいです。

 

【 Dさん 】
哲学にある「モクシャ」や「サマディ」は本の中にある誰か遠い人の話でしたが、練習をすることで現実に到達できるという事実は新鮮な驚きでした。
ゆっくり少しづつ、それに向かって練習をしていくのが今の私にとても大事なものになっています。
心の平安を守るための居場所を見つけました。

 

【 Eさん 】
毎日ヨガのことを考え、本を読み、アーサナを練習してきました。
家事や仕事、子育ての合間で自分の時間をとることは難しい時もありましたが、それでも早朝に毎日続けてきました。
いつの間にか生活の一部として、とても心地いい時間になっていました。
ここまで没頭してヨガに向き合ってこれたのは、やはり家族の理解と協力があってのことだと思っています。
協力をして応援してくれた家族にはとても感謝しています。

 

【 Dさん 】
私はTTCを受講前、ヨガの経験がほぼ有りませんでした。
ヨガとは?と聞かれたら、呼吸を意識しながら難しいポーズを行うトレーニングかな。
ストレッチの延長みたいなもの。難しいポーズが出来たら、かっこいいんじゃないかと思って。
ヨガの取り扱い説明書「ヨガスートラ」や講義を聞いていくうちに、ヨガはポーズだけじゃなかったと早々に気付かされました。
ヨガとは?心の動きを収めていくもの。
そのためにアーサナ・呼吸・瞑想が大事なことだと理解できるようになりました。
ヨガを通してより良い生き方をしていきたいと考えるようになりました。
自分のこれからの人生がどんどん変わっていくのを楽しみに、ヨガを続けていきたいと思います。
ヨガと繋がることが出来たことに本当に感謝です。

 

Follow me!

前の記事

* 11月のお知らせ *